多少、不自由な方が面白い・・・。

こんばんは。

もうすぐ、7月になってしまうんですが・・・

ここでは時計の針を戻して、4月30日 (木) のお話しです。

前回の『覚書き』では、『レイちゃん』のキレイになった姿をレポートしましたが、

今回は、ウチの『クリスティーン』を【洗車・ヒーリング】に来ましたよ・・・。

『レイちゃん』が居なくなった後のお仕事車は、『クリスティーン』になります。

まぁ、今のところの予定ですがね・・・。

『クリスティーン』自身は、お仕事車になりたくない・・・そうですが、

そうは行きませんので、宥め賺して引っ張り出す事になりそうです \(^^;)

洗車時間は、1時間半程で完了です(^^)

もちろん、ホイールのスポークも1本1本洗って、内側も洗いますし、

フロントグリルの1マス1マスも・・・キレイに洗って拭き上げて完了です。

昼間だと、晴れた日では【ウォータースポット】を作ってしまう事を気にしながら

洗車しなければならないんですが・・・

深夜のこの時間帯に、屋内で洗車出来るのは大変有り難いものです。

30℃を超える暑さで、異常に体力が消耗してしまう事もありませんしね・・・。

洗車後、少し走って水気を飛ばして・・・また、チョイチョイ拭き上げて完了。

行き帰りも、ドライブ・・・という事で。

キレイになった『クリスティーン』に『くま乗務員』も嬉しそう・・・。

クルマのサイズという部分から見ると、210系クラウンは多少大きくなりましたが、

日本の道を走るのには、まだ丁度イイですね。

でも、コレ以上大きくなると・・・街道を走るなら良いんですが、一本入った裏の道、

住宅街はかなりキツくなりますね。

車体が大きくなれば、事故の衝撃吸収で乗員を保護出来るとか、車内が広く居住性の向上、

という利点はありますが、視界が悪くなり『走らせる』という普段の使い勝手を中心に

考えると、死角が多くなってムリが出て来るよなぁ・・・と考えさせられます。

その分を『カメラ』で補っているとしてもね。

たしかに、便利になる事での利点はたくさんあるのは分かりますが、

自分の眼で確認する『主体性』とか、注意深く感覚を研ぎ澄ますという『感性』が

薄れて来ている・・・機械を使う人間では無く、機械に使われる人間と化して来た様にも

感じてなりません・・・。

そこが、私自身の『低グレード車』を好む所以なんです。

やはり、ある程度は・・・人間と機械の間合いが必要なんじゃないかな・・・と感じますし、

『楽しむコツ』っていうのが、そこに隠されている・・・様にも想います。

多少、不自由な方が面白い・・・。

30km近く走って、無事に帰庫しました・・・。

やっぱり、早朝の空気は気持ちがイイです・・・。

陽が沈み掛けた夕暮れ時だって、こんな感じの薄暗さになりますが、胸一杯の深呼吸をしたい

という気持ちにはなりません(笑)

おろしたての新車を、お仕事車にするのって・・・結構要らん気を遣いますが、

少し自分の身体に馴染んだクルマをお仕事車にするのも、悪くありませんね・・・。

『クリスティーン』は新車で買ったクルマですから、余計にそう想うのかも知れません・・・

明日から5月・・・

『ツツジ』の花がキレイに咲いていますが、お客さんを誘って花鑑賞に出られないのは、

ちょっと、寂しいですね・・・。

今年はダメだけど・・・

来年は、どうかなぁ・・・

またね(^^)/

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。