ただ、それだけの為に・・・。

こんばんは。

いつも駐車場で、動態保存状態になっている ウチの『セドリックちゃん』

全く動かす事が無い訳ではありませんが、走行距離は年間約2,000km。

走らない以外は、エンジンのアイドリングと、シフトチェンジする等で、

オイル類を潤滑させるようにしています。

あと、3ヶ月経つと5年目を迎えます・・・。

そうか・・・2回目の車検を迎える事になりますね。

5年・・・でも、そんなに長くは感じませんでした。

年間、30,000km近くを走る筆頭与力、

もし、『セドリックちゃん』1台だけだったとしたら・・・

もう既に120,000kmを超えてしまっている計算になります。

そうなると、今現在のように新車に近い状態の姿で置いておけるか・・・?

というと・・・正直、自信はありません\(^^;)

前回、オイルを交換したのは今年、平成29年1月13日(金) のこと。

常々、ボンネットを開けてオイル・冷却水等は点検しています。

実際に走った時に、エンジンの音・吹け上がり等、自分が乗っている時の感覚で、

オイル交換時期を判断しています。

3年程前に、『マイクロロン ハイブリッド』をエンジンに注入していますので、

そんなに、深くシビアには考えていませんが・・・。

10月8日(日) ちょこっとではありますが、20km程走行した際、

『エンジン・オイル』の粘度を感じられなかったので、「もう交換時期だな」と感じました。

その翌日、10月9日(月)に『オイル交換』を実施しました(^^)/

前回、交換したのは・・・この『エンジン・オイル』を使いました。

しかし、今回は『影武者』『黒さん』で使っています

スポンサーリンク

コチラの『エンジン・オイル』を使ってあげる事にします(^^)

スポーツ・エンジンオイル(^^;)

別にスポーツ走行する訳では無いのですが、厚い油膜に期待して採用する事にします。

少し、エンジン音が静かになるかな・・・?

『影武者』に入れた時は、エンジンの回転が重くなり過ぎてしまい、

「マズい!」と思った程でした(^^;)

しかし、交換してから1,000km位走った頃には、馴染んでくれたのか?

全く違和感を感じるような事はありませんでした。

今回も・・・そうなっちゃうかな?

それでも、聞き分けの良い『セドリックちゃん』ですから、

私の気持ち理解してくれるでしょう・・・たぶん。

今回はこの距離で交換です。

予め、エンジンを暖気運転後に、30km程走行していますので、

『エンジン・オイル』も熱くなっています(^^)

これで、しっかり古いオイルが抜けるでしょう・・・。

さぁ、『セドリックちゃん』始めるよぉ~!(^^)v

オイルフィラーキャップを開けると・・・アメリカン・コーヒーみたいな色に。

『オイル・レベルゲージ』から、抜き取りようのチューブを入れて行き、

ポンピングして古いオイルを抜き取って行きます。

『ガソリン車』ではありませんから、オイルの色はキレイに見えます。

ウチの『セドリックちゃん』は電子制御エンジンですから、『エンジン・オイル』の中に

『タール』が溶け込んでいるので、こんな色になっています。

従来の『べーパライザー』搭載車は、別に『タール』排出コックがあるので、

そこから排出する事になります。

その当時の『エンジン・オイル』は、こんな色にはならなかったんですよ・・・。

『エンジン・オイル』が熱いですから、早く抜けます・・・。

こんな、おもちゃみたいなポンプですが、しっかり抜けますね(^^)

汚さず、キレイに作業が出来るのは嬉しいです(^^)v

ポンプで吸い上げている間に、新しい『エンジン・オイル』の準備します。

古い『エンジン・オイル』が抜けた分、新しい『エンジン・オイル』をボトルに注いで・・・

新しい『エンジン・オイル』を入れる前に、お口をキレイに拭いてあげます・・・。

ゆっくり、新しい『エンジン・オイル』を注いであげます(*^^*)

この時、何とも言えない満足感に包まれます・・・

『愛情を注いでいる感覚』を体現している姿に近いもの  なのかも知れないですね(*^^*)

『セドリックちゃん』愛してるよ・・・(*^^*)

『しっかり、エンジンを護ってあげてね・・・』

そんな想いに駆られて、丁寧に注いであげています。

ゆっくり、ゆっくり・・・

1日に数台の作業をこなさなければならない、現場の整備士さんには、

こんな感じの作業をお願い出来ませんからね・・・\(^^;)

最後の1滴まで・・・愛情を持って。

10分位経過して、エンジンを始動させてあげます(^^)

軽快な・・・というよりは、落ち着いたエンジン音を奏でます。

そこには、今まで聴き慣れた4気筒エンジンのカルテットは居ませんでした。

『影武者』と同じ6気筒エンジンのセクステット・・・に聴き入ります(*^^*)

やはり・・・笑顔になってしまいますねぇ・・・(^^)

この作業も、1台を惚れ続ける秘訣なんでしょうね・・・。

そんなに、距離こそは走らなかったけど、今まで護ってくれた『エンジン・オイル』

「お疲れさま、ありがとうね・・・」

慣れている人からすると、何て事は無い作業・・・

でも、籠めて作業をする事で、普段感じられない何かが分かる・・・。

それは、自分のクルマだから尚更。

納車された時の気持ち、異音が出た時の心配・・・部品交換して元気なった時の有難さ。

様々な想いが、今日の作業に繋がっている。

この子と一緒に居る時間、この瞬間1コマ1コマを忘れないように記憶しておきたい。

ただ、それだけの為に・・・この文章アルバムを今日も作っている。

またね(^^)/

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。