人生で、最初の・・・。

こんばんは。

今日は、少しばかり感傷的な筆頭与力です・・・。

ウチのセドリックちゃんと生活を共にしてから、半年が過ぎ去りました。

ここ数日の間、「人生で、最初の新車」を想い出し、感傷に浸っています。

私が、初めて買った新車は「Y33型レパード」でした。

あの横一文字テールランプが大のお気に入りで、自慢の1台だったんです。

買ったのは平成10年5月・・・色は新色の♯KR4ソニックシルバーのターボモデル「XV」

※写真は色・グレード違いですが・・・

ある日、親戚の家へ出掛けた時、駐車場所が悪かった為、気が付かないうちに、

運転席側のリヤ・クウォーターパネルの下部を、植え込みの枝で傷付けてしまっていました。

たった10cmの線キズでしたが・・・。

翌日、洗車していた時、キズに気が付き、かなり辛かったですが、

自分でタッチペンで補修を・・・と、思いましたが・・・

さすがに新車のボデーに、手を掛ける気持ちにならず・・・。

日産のディーラーへ修理を依頼しました。 ←コレが大変な事に・・・。

1回目の修理で、色違い・・・。

2回目の再修理で、磨き残した上にクリヤ塗装でクレーム修理。

3回目の再々修理で、塗装面が粗い「ゆず肌」状態で、再び色違い・・・。

その後、作業員のケアレスミス等で、計7回の塗装修理をするハメに・・・。

最後は、何を思ったのか、運転席側の側面半分を塗装される始末・・・。

色が合っていれば、文句も言いませんが、フロント半分「元のソニックシルバー」

リア・ドアから後半分が「プラチナシルバー」になって帰って来ました・・・。

もう、大泣きしました・・・惨めでした・・・

「オレのクルマ、塗り絵じゃないんだよ・・・。」

「レパード」が可哀想でなりませんでしたし、無惨過ぎて・・・。

そんな言葉しか出ませんでした・・・。

その後、ディーラーとの話し合い等を、重ねて来ましたが・・・。

埒が明かず、当時、発売し始めた前期型17系クラウンアスリートVを買う事にしました。

私、そこから変わりました・・・。

線キズを専門に研究して、補修する技術を体得したのです。

スポンサーリンク

「レパード」に対する贖いと、もう誰にも触らせたくないという想いが、より強くなりました。

今の自分なら、自分自身の手で補修してあげらるのに・・・と、深く反省しています。

たった10cmの線キズが、私に与えた「反省と、学び・・・。」

今の仕事に繋がる礎になってくれた事は、言うまでもありません・・・(合掌)

「当時、あなたを助けてあげられなくて、本当に、ごめんなさい・・・。」

「でも、あなたを助けてあげられなかった分、

私は、「クルマ」というあなたの仲間を助けます。」

こんな事、言えた義理ではないんだけど・・・、あの俊敏なフットワークのままで、

今も、何処かで元気にしていてくれたら、本当にうれしいなぁ・・・。(T T)

そう、今でも信じています・・・(合掌)

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。