ウチの駐車場が、ショウルーム・・・。

こんばんは。

前回のブログでは、『レクサス GS350Fスポーツ』さんの洗車・磨き工程までの

お写真を掲載させて戴きました。

今回は『PRO-3』を塗り込んで、ひと晩寝かせて熟成させた後、

丁寧に拭き上げて完成させた施工後のレポートとして、完成したお写真をアップしますね(^^)

もちろん、ボディーだけでは無く『ホイール』にも『PRO-3』を施工してあります。

タイヤには、『タイヤワックス』では無く『タイヤ・コーティング』を塗り込んでいます。

結構、持続性が良いのが特徴なんです・・・長いクルマで4ヶ月近くになりますよ(^^)v

さぁ、それでは完成した『レクサスGS350Fスポーツ』さんを観て行きましょう・・・。

オーナーのKさん、いつも作業時は付きっきりで観てくれています(*^^*)

私は、自分のやっている作業を観ていてもらうのが好きです・・・。

基本的に、職人は仕事(技術)を隠します。

でも・・・私は隠しません(笑)

「おぉ、いいねぇ~」なんて、言葉が出ちゃう・・・(^^)

膜厚感たっぷりの輝き。

スポンサーリンク

しっかり、パールの目が立っているでしょ?

テールレンズも、しっかり磨いていますから、赤がくっきりしています。

クルマ全体の造形が分かるように、磨く部分にも強弱を付けます。

デッサン画を書くように・・・。

筆頭与力、お気に入りの1枚・・・。

リヤフェンダーのアーチ部分、ぷるっぷる・・・。

クルマって・・・こんなに瑞々しかったっけ?  なんて思ってしまう程・・・(*^^*)

女性の肌よりも、キレイ(笑)

『ホイール』も、一段と輝きが増しました。

『ガラスの膜に覆われた・・・』その意味がお分かりになると思います。

ここまでになると、塗装膜ではなく『陶器』です・・・。

ココまで来ると、10年以上は持続します。

手触りは、言い表しようのない、独特の滑らかさ・・・。

コレばかりは、実際に触れてもらわないと、お伝え出来ないです。

他の人が同じ材料・資材を使っても、同じ仕上がりにならないところが面白いお仕事です。

施工する人間の個性がハッキリ出ます。

同じコーティング剤を使っても、全く仕上がりは違うんです。

『モーターショウ』や『ショウルーム』で観ている当たり前が、

自分のクルマで再現出来るという可能性。

作業工程としては、コテコテの下地作りではありませんでした。

もう、既に複数層重ねていますからね・・・。

それであっても、一番キレイに・・・美しさを引き出す方法を考えるのに苦労します。

『なんか、あんまり変わらないじゃん・・・』なんて、言わせたくありませんからね\(^^;)

「コーティング掛ける度に、クルマが強くなる感じがするよ。」って、Kさんが・・・(^^)

そりゃあ、筆頭与力の怨念が籠もっていますからねぇ・・・(笑)

『ウチの駐車場が、ショウルーム・・・。』

帰り掛けに、オーナーのKさんが一言・・・

「コレって、毎月掛けたらどうかねぇ・・・?」

あらあら・・・今、掛け終わったばっかりなのに。\(^^;)

今回の仕事料・・・

『PRO-3』施工料 ¥129,600(税込)

<ルーム・クリーニング、ホイール・コーティング、タイヤ・コーティング施工込>

※今回の施工では、『エンジン洗い』はしていません。

★ 通常はエンジンも洗います。

またね(^^)/

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。