出足から、負ける事はありません・・・。

こんばんは。

前回の覚書きブログの続きになります・・・

『セドリックちゃん』で『PECS』装着後の慣らし運転に出ました。

V型6気筒ガソリンエンジンの『影武者』とは違い、

直列4気筒プロパン・ガスエンジンの『セドリックちゃん』は

元々、軽快な動きを示します。

『PECS』を装着後は、先行取り付けした『クリスティーン』『影武者』同様、

徐々に、摩擦抵抗感の無い滑らかな動きになって行きました。

アクセルを踏んだ時、薄めの真綿に包まれたかのようなエンジン音に…

今までは、エンジンの回転が上がると同時に、『シャリシャリ』という微かな金属音が

聞こえていましたが、距離を重ねるに連れて聞こえなくなって行きました。

乗り始めてから70km走りました・・・。

今まで、加速時の2,000回転から、2,800回転までのタコメーターの指針の動きが、

ジワ~っと回転が上がる様子を見せていましたが、機敏な反応をするようになりました。

エンジンの回転が滑らかに、尚且つ、振動や騒音が低減している分、

今度は、トランスミッションの動きに、粗さを強く感じるようになってしまいました。

じつは、今回発注しました『PECSオイルフィルター』だけではなく、

トランスミッション用の『PECS』もありますので、今度ATFを交換する時に、

取り付けしてみようと思います。

エンジンだけでも、コレだけ違いが分かる訳ですから、装着する価値はありますね。

トランスミッション用にあっては、加工が必要になるとの事ですから、

材料を事前に揃えて、交換・装着にあたらないといけません・・・。

どのクルマにも、元々入っているATのオイル・パン内部に装着されている

小さなマグネットでは、内部で発生する鉄粉を吸着させるというには、

ほとんど意味を為さないというお話しですから・・・。

末永く大事に乗りたい1台であるなら、取り付けておきたいアイテムだと思いました。

深夜のドライブ・・・ 爆走JPN TAXIも『セドリックちゃん』を警戒しています。

スポンサーリンク

今まで、深夜爆走タクシー主催の『シグナル グランプリ』では、

馬力の向上を図られた『クラウン コンフォート』に先を越されていましたが、

『PECS』装着後は『セドリックちゃん』も出足から負ける事はありません・・・。

もちろん、ムリしない程度のお話しですがね・・・(^^;)

まぁ、それだけエンジンの動きが滑らかになって、走りが変わったという事です。

この夜の試運転が終わって帰る頃・・・

不思議と、エンジンの重量を感じない運転感覚に気付きました。

3ナンバーの『セドリック』ですから、車体はもちろん大きいんですが、

軽自動車を運転しているような軽量感を感じました。

しかし、今回交換した『エンジン・オイル』は【10wー50】ですから、

通常の『エンジン・オイル』よりも、固めのスポーツタイプのオイルです。

当然、次回のオイル交換時には、『影武者』に入れている『5w-30』を充填します。

恐らく、この『エンジン・オイル』を充填したら、もっとエンジンが軽くなるでしょう!

『PECS』を装着してから、まだ100kmも走っていませんが、

300km走行後には、一体どんな感じになっているのか・・・?

とても楽しみです・・・(^^)v

またね(^^)/

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。