今度は、大丈夫みたいです・・・。

こんばんは。

ちょっと古いお話し・・・先月10月11日(水) の覚書きなんですがね。

以前、ウチの『影武者』にLEDヘッドライト・バルブを付けていた事がありました。

それは、平成28年の2月19日(金) のこと・・・

スフィア ライト製のLEDヘッドライト・バルブを入手しました。

従来の電球式では、バッテリーにも負担掛けてしまう心配と、

お仕事から帰って来るのが深夜ですから、暗くては眼に負担が掛かるので、

明るい視界が欲しかったんです・・・。

しかし、全体に光が散る電球タイプと、直線的な光を放つLEDタイプの照射範囲とでは、

どうしても性格が合わず・・・。

写真のように、ハッキリした直線的な光、明るさはバッチリだったんです・・・

5500Kという事もあり、ちょっと青白い感じの光でした。

19年目を迎える古いクルマには、色デザインが不釣り合いの光ですね・・・。

郊外の街灯が無い道を走ると、真正面の照射なら良いのですが、光が散ってくれないので、

全体的に暗さを感じてしまう結果になりました・・・。

初期モデルだから仕方ないですね。

結局のところ、純正規格品ではないですが、長寿命且つ純正よりも明るいタイプにして、

再び電球に戻してしまったのです。

それから、1年が経過して・・・

『新製品が出ました』から・・・というお話しを、スフィア ライト社のご担当者様が

教えて下さいました・・・(^^;)

直線的な光だけでは無く、拡がる光の機能性を加えて、

新たに発売されたとの事、また古いクルマの味にも対応する4500Kのゴールド色。

そこまで、電球色の暖かな味わいはありませんが、安全な視界を確保するという

スポンサーリンク

意味に於いては、一定の理解が出来ましたので、『影武者』に取り付けてみる事にしました。

クリアランス・ランプに関しては、純正品よりも明るいタイプのバルブを入れています。

リヤテールランプ、ウィンカーランプ、バックアップランプ、ナンバー灯も

明るいタイプに変えています。

このところ、出掛ける事も少なくなりましたので、まだ36,000kmです(^^;)

夕方には、再びLEDヘッドライト・バルブに交換終了!

ハイ、点灯試験です・・・。

青白い光の最新車用ヘッドライトの色味じゃ無いので、

古いクルマでも、悪くないように思います。

取付も難しくないので、ストレスはありませんでしたよ。

バッテリーはもちろん、外してからの施工になりましたが・・・。

さて・・・深夜になっての点灯試験。

もちろん、電球タイプからすれば明るさは倍以上。

どんな道であっても、こんな感じに見えれば納得出来るんですけどね・・・。

ちなみに、近所の方からは・・・『かなり明るいねぇ~!』と声を掛けられました。

あとで、テスト走行です・・・。

10m位離れた所から撮ってみました。

使ってみて、悪くないようでしたら、『セドリックちゃん』にも付けてあげる事にします。

いや、でも次のモデルが出るまで・・・待って考える事にしましょうかね・・・。

今、『セドリックちゃん』に付いているHIDランプが切れたら、

LEDヘッドライト・バルブに交換してあげましょう・・・。

翌日、10月12日(木) に光軸調整でテスター屋さんへ持ち込みました。

ほとんどズレはありませんでしたが、『影武者』のトランクにはお仕事の道具類を

積み込んでありますから、光軸レベライザーが搭載されていないので、

予め、下向きに調整しておいて戴きました。

『セドリックちゃん』には、光軸レベライザーが搭載されています。

さて、実走してみての感想ですが、ハロゲン球だった時の光の散り方と

あまり変わらず、初期モデルと比べて格段に良くなっていました。

上記にも書きましたが、電球タイプとLEDタイプの光の性質さえ理解していれば、

納得できるレベルになっていると思います。

これ以降に出て来るモデルは、もっと良くなって来るでしょうね・・・。

是非、期待しています・・・(^^)

またね(^^)/

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。